シーン別に利用するメンズピアスの種類

メンズピアス

葬儀の際のマナーとして、服装や持ち物はある程度決められています。アクセサリーも同じである程度のルールがあります。女性であれば、涙を連想させる真珠のネックレスや不幸が重ならないようにと一連の物を選ぶことがスタンダードです。ピアスに関しても同様で、派手なものではないものを見つけます。男性の場合、基本的に、結婚指輪以外のアクセサリーは身に付けない方が無難です。故に、メンズピアスも外して出席した方が後々、問題にならないかもしれません。結婚式においては、和装の場合は、メンズピアスは外した方が良いと思います。しかし、今時の結婚式は形式にとらわれない形も多いです。自由な服装でパーティーのような式であれば、メンズピアスも良いですが、あくまでも主役は新郎新婦ですので、目立つようなアクセサリーは避けた方が良いです。いずれにしろ、良識ある服装が好印象です。

男性にも人気のメンズピアスについて

男性にも人気のアクセサリーの一つでもあるのが、ピアスです。小さいアクセサリーではありながら色や素材など、種類も豊富に販売されているアクセサリーです。彼氏へのプレゼントにもメンズピアスは最適です。男性が身に着けるアクセサリーの中でも、身に着けるとお洒落に見えるのがメンズピアスです。小さくても存在感があり、主張し過ぎないピアスはお洒落アイテムとして人気が高いです。また、ピアスの中にも、マグネットタイプのものもあります。耳に穴を開けることなく表側と裏側を挟み、磁石で固定します。簡単に取り付けは出来る事がメリットですが、落ちやすい・耳が痛くなるなどのデメリットもあります。素材も形も多種多様にありますが、様々なブランドが出しています。金額も様々ですので選ばれ際は、要チェックが必要です。そして、アレルギーが無い事を確認してから身に着けることお勧めします。

ピアスとメンズピアスの歴史について

ピアスの歴史は非常に古く、古代エジプト文明まで遡る事になります。ピアスは特に女性のアクセサリーとしてという印象が根強いですが、ルーツは魔除けです。耳に光り輝くものを見つけて、魔物を遠ざけていたのです。魔除けのアイテムとして使用していたピアスですが、その利用目的は、ファッションの一つしての使用へと変化してきました。戦後しばらくは、社会からの反感はまだ残っていました。しかし、第二次世界大戦後、アメリカの文化が日本に流れ込み、更に交通の発展によってアメリカ以外の諸外国との交流が盛んに行われるようになりました。現代においても、ピアスはファッションの一部で、女性特有のアクサセリーから男性も見つけられるメンズピアスへと徐々に変化してきており、社会もその変化に対応してきています。今後、メンズピアスは、日常のアクセサリーとして活用されることでしょう。